モビットで借り入れ

モビットの審査に通りやすい人

モビットの審査に通りやすい人って?水商売や派遣社員も借りられる?

せっかくモビットに申し込むのでどんな人が審査に通りやすいか知っていれば安心できると思っておられる方も多いことでしょう。

 

モビットの貸付条件は
「満年齢20才〜69才の安定した収入のある方(モビットの基準を満たす方)、アルバイト、パート、自営業の方も利用可能です。」
ということです。

 

条件を満たす人の中でも、審査に通りやすい人はどのような人でしょうか?

 

 

年収が高い人

まず年収が高いほど審査に通る確率は高いようです。
とは言っても年収200万円〜300万円以上あれば年収の問題で落とされる心配はまずないでしょう。
また、総量規制の対象外であることも大切です。
モビット審査時に他社借入額・件数が少ないほうが通過する可能性は高くなります。またどんな職業も関係します。

 

公務員や大企業で働く人

基本的に公務員や大企業の社員だと審査に通りやすくなるようです。
審査に通る可能性が高い職業は順番に並べると、公務員、大企業、中・小企業、アルバイト・パートの順になるようです。
さらに勤務年数が長いほうが審査は通過しやすいようです。
勤続年数が1年未満だと審査にマイナスになってしまうようです。
現職について数年間経過しているなら勤続年数でマイナスになることはないでしょう。

 

持ち家の人

また居住形態・年数も影響があるようです。居住形態が賃貸か持ち家かで比べれば持ち家の方が賃貸よりもポイントは高いようです。
家族構成も関係があり、一人暮らしよりも親と同居している方がポイントは高いようです。
家賃の負担が少ないと判断されますし、返済のサポートが期待できると評価されるようです。

 

自宅に固定電話のある人

自宅に固定電話があれば、携帯電話のみで申し込むより審査の通過率は高くなるようです。
もし自宅に固定電話があってそれを申込書に記入しても問題ないのであれば積極的に記入しましょう。

 

信用情報に問題のない人

過去数年間に金融事故などの問題があると審査を通過することはまず無理と考えておいた方が良いでしょう。
他社借入している場合、それらの返済がきちんと行われているかどうかも大きく影響があります。
もし長期滞納がある場合、信用情報機関にその情報が記録され、アコムは申し込みがあった際、それらの情報を閲覧しそれを踏まえて審査することになるからです。
このように金融事故等の情報が審査に悪影響を及ぼす事はすぐに分かりますが、
信用情報機関では過去にクレジットカード履歴や携帯電話の分割払いなどの記録の全くない方もおられるようです。
一見これには何も問題ないように思えますが、これは逆に審査ではデメリットに働くことがあるようです。
不自然、或いは実績不足とみなされることがあるようです。
特に30代の方でこの状態だと怪しまれてしまうようです。
もし心当たりがあるのであれば携帯電話の割賦などで実績を何か月か作ってから申し込むと良いでしょう。

 

 

水商売をしているけどモビットの審査を通過できるの?

 

水商売をしていると消費者金融の利用をすることができないという噂を聞くことがあります。
そうだとしたらモビットの利用もできないことになります。
では本当に水商売をしている人はモビットなどの利用をすることができないのでしょうか?

 

モビットの公式ホームページの貸付条件に水商売をしている人は利用できないという事は一切書かれていません。

 

年齢条件をクリアしていれば、あとは「安定した収入」があるかどうかが審査の際に重要になってきます。
モビットの言う「安定した収入」とは、毎月きちんと収入が入ってくることです。
なるべく毎月の収入の波が無いこともポイントになってくるようです。
この点が水商売をしている方にとって高いハードルになる事があるようです。
水商売には指名制度などがあり、その時々の人気などによっても収入がかなり変わってくることがあるからです。
それで水商売をしている方が自営業者と同じような扱いになってしまう事があるようです。
収入に波があると限度額が低めに設定されてしまうという事です。

 

また雇用形態も水商売は複雑なので、これにより審査に落ちてしまう場合もあるようです。
会社に直接雇用されている人もいれば、個人事業主として契約して働いている人もいます。
また、日雇いのように毎日違うお店に派遣され働いている人もおられることでしょう。
このようになると収入が給与なのか報酬なのかの違いが出てきて、収入証明の提出の仕方も変わってきます。

 

申し込む前にオペレーターにしっかりと確認してから申し込むことにしましょう。

 

また水商売になると在籍確認も難しくなることがあります。
水商売の場合は源氏名を職場で使うことが多いので、在籍確認の電話の時に職場へ本名で確認されても本人確認ができないときがあります。
また、営業時間が夜なのできちんとオペレーターにそのことを伝えておかないと、在籍確認で思わぬ時間がとられることがあります。こうしたことを避けるために、オペレーターに本名と源氏名を伝えておき、両方の名前で呼び出してもらえるようにしたり、営業時間をきちんと伝えて、希望時間があればその時間に掛けてもらえるよう交渉しておくと良いでしょう。
条件を満たしていると判断出来たら申し込んでみましょう。

 

安定した収入があり、在籍確認もきちんと行えれば水商売をしていてもモビットの審査を通過して利用することができます

 

 

 

派遣社員でもモビットの審査に通るの?

 

今は正社員ではなく、アルバイトやパート、派遣社員など様々な形態で働いている方が多くなってきています。
では派遣社員でもモビットの審査に通って利用することはできるのでしょうか?

 

モビットの利用規約には、派遣社員については直接の言及はありません。
しかし、派遣社員が利用できないとも書いていませんので、このことからすると審査を通過する可能性はあるという事が分かります。

 

利用規約には、まず年齢の基準がありますので、派遣社員でも20歳未満だと申し込むことはできません。
そして、安定した収入がある事が求められています。毎日普通に派遣社員として働いているのであれば収入面で問題になる事はおそらくないでしょう。
派遣社員の方が審査で厳しくなる状況としては、「勤続年数」や「在籍確認」かもしれません。

 

在籍確認とは
申し込みの際に、勤務先に電話連絡をして本当に本人がそこの会社に在籍して働いているのかを確認する行為の事です。

 

 

派遣社員の場合、雇用期間が決まっていたり、短い期間で職場を転々とする事もあるでしょう。
モビットの審査では勤続年数が極端に短いとデメリットになってしまいます。
このような場合、申込書を記入する時に基本的には勤務先として派遣企業を記入しておくと良いでしょう。
また年収や従業員の規模などもこの企業のものを答えます。

 

モビットで申し込む際に派遣社員でもWEB完結申込を利用できる場合があります。
WEB完結は三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行の普通預金口座があること、
さらに全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)或いは組合保険証を持っている事が条件になっており、
この条件を満たしてさえいれば派遣社員でもこの申込方法を選べます。

 

 

この方法を利用して申し込めば職場への在籍確認が電話で行われないため利用者に人気があります。
しかしこれには社会保険証の提出が必要で、これを提出する場合は申込時の勤務先を派遣先の社名にしなければならず、
そうしてしまうと派遣期間の満了と共に社会保険証も返却しなければならなくなります。

 

つまり、派遣企業にはずっと務めているはずなのに、モビットの書類上では派遣先の期間が満了すると無職状態として扱われてしまうという点が問題になります。
勤務先に変更が生じたときはモビットに連絡を入れなければならず、無職になってしまうと今後の融資に影響が出る可能性があります。
WEB完結申込を利用すると審査は通りやすくなるかもしれませんが、継続して利用する点で問題になる可能性がありますので、よく検討してから利用することにしましょう。

 

 

 

解約後に再度借り入れする方法

解約後、再び借り入れをすることは可能です。
しかし、再度審査を受ける必要があります。
以前に審査を通ったからといって今回の審査でも大丈夫ということはありません。

 

モビットの場合、解約後の新規申し込みでの審査は他の消費者金融会社と比べて厳しくなるので通過できない可能性があることも理解しておきましょう。

 

審査に落ちると信用情報機関にもその情報が残り、連鎖的にその後申し込んだ他社でも落ちる可能性が高まります。
ですから、再びモビットで契約するだけのメリットがあるのか考慮しましょう。
また、解約と完済することは別ものです。
返済が済んだとしても解約の手続きをしていなければ取引終了とはなっていません。
それでも、長期間に渡り取引がないと取引口座を閉鎖されることがあります。
いざという時に解約の手続きをしていないから使えると思っていたのに使えないことがあるので気をつけましょう。

 

どうしてもモビットで再度借り入れしたいという方は申し込みをするよりも前にコールセンターに問い合わせすることをお勧めします。
そして再度契約可能かを確認しましょう。申し込みもインターネットではなく、電話での申し込みにしましょう。
インターネットでの再契約のほとんどが審査で落とされるそうです。電話で申し込む時になぜ再度申し込むことになったか、どのくらい借り入れしたいかを詳しくオペレーターに伝えましょう。
その際に再契約できる可能性があるなら申し込みを進めていきましょう。

 

解約することのメリットとデメリット

そもそも解約するためには無利息残高を含め、全て完済している必要があります。

メリット

解約することで個人信用情報機関の消費者金融の利用の記載が消えます。
そうなると、住宅ローンや自動車ローンなどが組みやすくなります。更についつい借り過ぎてしまうという方には解約することがメリットになるでしょう。
モビットカードを手元から無くすとお金を使い過ぎたり、何かあるとすぐに安易に借りてしまうという流れを断ち切ることができます。

 

デメリット

デメリットとしては先程も取り上げたように、もしまた利用したくなった時、再び審査をしなければいけないということです。
また限度額や金利なども最初からやり直しで、限度額は低くなり金利は高くなってしまいます。

 

 

解約はとても簡単で、コールセンターに電話し、解約したいという事を伝えるだけです。
ちなみに電話番号は0120?03?5000です。受付時間は9時〜21時までです。

 

 

焦って解約してあとで後悔するのだけは避けましょう